野口 健 Ken Noguchi アルピニスト

野口氏は、高校時代に植村直己氏の著書に感銘を受けて登山を始め、1999年、エベレストの登頂に成功し、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立しました。2000年からはエベレストや富士山での清掃登山を開始し、その後、全国の小中学生を主な対象とした「野口健・環境学校」を開校するなど積極的に環境問題への取り組みを行っています。

アンバサダーへの起用は、ランドローバーのブランド精神である“Above and Beyond”を体現するアクティブ・アチィーバーであることに加え、環境保全パートナーと緊密に協力し、地球環境保全の取り組みを推進するランドローバーのサステナビリティへの考え方が野口氏の活動と合致したためです。

就任にあたり、普段、レンジローバー・スポーツを様々な環境でドライブしている野口氏は次のように語っています。「ランドローバーは乗る人のライフスタイル、生き方を象徴するクルマ。このクルマを通して、冒険者が増えていくことを願っています。」

野口氏とランドローバーは、今後、様々な活動を一緒に取り組んでいく予定です。


_DSC9206_p_article

野口健氏(アルピニスト

1973年、アメリカ・ボストン生まれ。外交官の父に伴い、幼少時代はボストン、サウジアラビア、日本、エジプトなど各国で過ごす。中学、高校は英国立教学院で「落ちこぼれ」だったが、植村直己氏の著書に出会い、登山を開始。モンブラン、キリマンジャロなどへの登頂を果たし、16歳で世界7大陸最高峰登頂という目標を自らに課す。亜細亜大学在学中も活発に活動し、1993年、3度目の挑戦でエベレスト登頂に成功。7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立した。その後はエベレスト、富士山の清掃活動など環境保護活動を開始。2001年には「シェルパ基金」を設立。2008年、ネパール・サマの子どもたちのために学校を作るプロジェクトを開始。現在は次世代の環境問題を担っていく人材を育てる「野口健 環境学校」を開校し、環境メッセンジャーを日本全土で育てている。 www.noguchi-ken.com

ランドローバー・ブランド・アンバサダー 野口健氏

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。