新型ディスカバリーは、大型SUVを再定義するモデルです。ランドローバーのデザイン&エンジニアリングチームは、かつてない魅力を満載した理想の一台を作り上げるため、ディスカバリーのデザインと構造を大変革しました。

ジェリー・マクガバン チーフ・デザイン・オフィサー ランドローバー
ランドローバーの新型ディスカバリーが、昨夜ワールドプレミアを飾りました。13メートルの巨大なLEGO製タワーブリッジから登場するという、ドラマチックなお披露目となりました。ディスカバリーはランドローバー随一の多用途性を誇るモデルであり、究極のファミリーSUVとして高い評価を得ています。

ロンドンの象徴であるタワーブリッジのレプリカには、5.8百万個以上のLEGOブロックが使用されました。数人のLEGOマスタービルダーがチームを組んで作り上げたこのレプリカは、実際のタワーブリッジと同じように跳ね橋として機能します。制作期間は150日以上を超えました。

巨大な橋から姿を現す新型ディスカバリー、ステアリングを握るのは英国の最も有名なセーリング選手であるベン・エインズリー。続いてランドローバーBAR(ベン・エインズリー・レーシング)の実物大レプリカボートが登場。操縦するのはオリンピックの英雄でランドローバーBARのチームプリンシパル、ベン・エインズリーと彼のクルーです。タワーブリッジと同様に、このレプリカボートもLEGOで作られており、186,500個のブロックを用いて複雑なデザインを再現しました。

また、タワーブリッジの両側には2つの“ディスカバリーゾーン”が設置されました。ひとつはエリザベス2世の孫であるザラ・フィリップスがホストを務める馬術ゾーン。もうひとつは世界的な冒険家ベア・グリルスによるアドベンチャーゾーンです。

馬術ゾーンでは、オリンピックのメダリストであるザラを囲むように英国の田舎がLEGOで再現されました。アドベンチャーゾーンでは、英国の山々の風景とLEGOで出来たボーイスカウトが人々を出迎えました。 ベア・グリルスが総長を務める英国ボーイスカウトは、彼にとって原点と言えるものです。

ALL-NEW DISCOVERY – 極限のテスト

ランドローバーが行うテストの内容そのものが、新型ディスカバリーの傑出した性能を表しています。世界中の過酷な環境とランドローバーの専用施設で実施されたテストは、まさに車を極限の状況にさらすものでした。

/
/

新型ディスカバリーのデモンストレーションを行う英国の冒険家ベア・グリルス

ランドローバーアンバサダーの冒険家でTVスターでもあるベア・グリルスは、新型ディスカバリーに採用された革新的なシート構成テクノロジーのデモンストレーションを、スカイダイビングとともに敢行しました。

/
ベア・グリルスは、大人7人が快適に乗車できる新型ディスカバリーの「インテリジェントシートフォールド」テクノロジーを、ロンドン上空をスカイダイビングしながらアピールしたのです。 

着地後、彼と英国海兵隊の仲間である6人のスカイダイバーたちは、7席のシートがすべて展開され、乗り込む準備が整った新型ディスカバリーに駆け寄ります。

インテリジェントシートフォールドにより、こうした極限のスタント中であっても、大人が快適に乗車できる7席のシートをすべて遠隔操作で動かせることを示したのです。

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。