ランドローバー、 自動運転車両の技術の標準化と調和に関するEUの計画を支持

ランドローバーは、オランダ、アムステルダム市内で、欧州各国の運輸大臣に「ハンズフリー」運転などを含む高度な自動運転車両技術を披露し、自動運転車両技術の標準化と調和に関する欧州の計画への支持を表明しました。

28の加盟国が欧州閣僚理事会の会議に集い、自動運転車両に関連する試験、販売、義務の適法性について、法律および技術面での標準化と調和を図ることの重要性について話し合いました。

Range Rover Sport 車両が 2 台使用され、1 台はドライバーが外部から車両を制御できるリモート コントロール テクノロジーを、もう 1 台は車両を車線内に維持し、高速道路での車線変更を行い、ドライバーの指示に従って追い越しをするハンズ フリー テクノロジーを実演しました。

道路当局と連携して状況に応じて車両の速度を調節するこの方法は、Jaguar Land Rover による研究成果であり、この実演の核となっています。

ジャガー・ランドローバーのリサーチ&テクノロジー担当ディレクター、ウルフガング・エップル博士は、次のように述べています。「私たちは力を合わせてこの自動運転技術に取り組んでいます。これらの技術を実現させるには、業界全体で自動車メーカー、通信端末事業者、沿道インフラシステム事業者の間に共通したアプローチを定める必要があります。これにより技術革新に向けた標準化と調和が進み、車両と車両、そして車両とインフラとの通信を効率的かつ効果的に実現することができるでしょう。またジャガー・ランドローバーは、お客様に関連があり、手頃な価格で入手できる技術をお届けすることができます。

実際の環境下で 15.5 km 以上にわたってテクノロジーを実演したことで、他の車両および路側インフラ間での標準化がいかに重要かについて、EU の閣僚の方々から理解を得ることができました。

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。