ランドローバーは4人に最高のバレンタインデープレゼントを差し上げます

今年、ランドローバーは、オークションに出品された一台のクルマを、最高のバレンタインデーギフトに変えます。


ニュージーランドの4名の大学生は、 1957年式シリーズ I(Landyと命名)を15年所有した後手放し、オークションにかけました。 このオークションサイトには、彼らのアドベンチャーや最愛のランドローバーとの別れに伴う悲しみといった物語を語っています。


ウイル・ラドフォード(Will Radford)、ジェレミー・ウェルズ(Jeremy Wells)、アンソニー・ドーソン(Anthony Dawson)、 ジェームズ・シャットウェル(James Shatwell)は、この競売によって物語の章を締めくくるものと考えていましたが、運命のいたずらによって結末が変わりました。ランドローバーニュージーランドのチームが広告を読み、ウイルの妻であるクレアと協力して、「Landy」のレストア極秘作戦を計画したのです。


そして現在バレンタインデーに向け、4人はランドローバーニュージーランドの尽力によってシリーズIとの再会を果たしました。

TradeMe(オークションサイト)のリストを見つけた時、 そのクルマにまつわる物語に共感しました。

James McKee ランドローバー・ニュージーランド
マーケティングマネージャー

「「ウィル・ラドフォード(Will Radford)がTradeMeに投稿した心温まる話は、ウィルを含めた4名の親友にとって、このクルマがどれほど大きな意味を持っていたのかを表していました。 私たちは、彼らとランドローバーとの関係の継続をサポートできる、素晴らしい機会であると確信し、このクルマを購入し、レストアを施しました。
故障した箇所はランドローバーの純正部品と交換しましたが、一部のへこみやバンパーステッカー等は、このクルマが彼らのものであることを示す印であり、魅力を添えるものとしてそのまま残しています。
これで4人は今後も継続して「Landy」を楽しめることでしょう。」


レストア後、「Landy」は、ウィル達が体験したアドベンチャーの一部を再現するため、ニュージーランドにあるサウスアイランドの各地を巡る旅に繰り出さしました。
その後、ウィルの妻であるクレアがガレージに「Landy」を隠し、何も知らない彼らに披露する準備を整える為、オークランドに戻りました。


このバレンタインデー・プロジェクトは、ランドローバーにとって歴史的に重要意味を持ちます。なぜなら、今年は、シリーズ I ランドローバーを直接受け継ぐモデルである、現ランドローバーディフェンダーのソリフル工場での製造が終了するからです。

これは素晴らしい物語です。 アドベンチャーは、ランドローバーブランドの中核をなすものです。シリーズ I ランドローバーに新たな息吹を吹き込み、4人の友人達が冒険を続けられるようサポートするチャンスを、台無しになどできませんでした。

Robin Colgan ランドローバー グローバルブランドディレクター

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。