ラグビー ランドローバー社は、ここラグビーのふるさとで、草の根レベルからラグビーの頂点に至るまで、20年以上にわたりサポートを続けています。

ランドローバー社が世界中で展開するパートナーシップは、フランス、南アフリカ、英国、そしてラグビーワールドカップ2015のような一流スポンサーシップクライアントにまで及びます。

ラグビーワールドカップ2015

ワールドラグビーで最も権威あるトロフィー、ウェブ・エリス・カップを手に掲げる名誉はほんの一握りの選ばれた者にだけあります。ラグビーワールドカップ2015の世界的パートナーとして、ランドローバー社は現在、2011年ニュージーランド大会で後援した時の成功を基に準備を勧めております。 ラグビーの頂点であるラグビーワールドカップは世界で3番目に大きなスポーツイベントであり、同スポーツの優れたグローバルイベントでもあります。ランドローバー社はそのようなイベントにスポンサーとして名を連ねることに非常に大きな歓びを感じております。と同時にこの大会に向けて草の根レベルでのサポートにさらに尽力して参ります。

ラグビーワールドカップ開催中に掲出されたランドローバー・スポンサーシップのバナー

ラグビーワールドカップ・トロフィーツアー

ワールドラグビーの最も権威ある大会へ向け、開催を待つ声の高まりを受けたランドローバー社は、ラグビーワールドカップ・トロフィーツアーをサポートすることに全力で取り組みます。 まず始めに、ラグビーワールドカップ2015イングランド大会を控え、同ツアーでは実際にワールドラグビーの頂点であるウェブ・エリス・カップを見ていただこうと、世界15カ国で展示いたします。 ラグビーワールドカップが正にグローバルイベントであるのに対し、ツアーの一環で実施するランドローバー社の「Least Driven path」キャンペーンは、大会への期待感を遠隔地にまで広げることに役立っています。大会を象徴するこの優勝杯を見る時のスリリングな気持ちをまだ感じたことのない人たちにも楽しんでもらうこと、それがオールテレイン性能搭載のランドローバー車でこそできるアクティビティです。



富士山を背景にしたレンジローバースポーツ


ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ

世界で最も長寿なスポーツイベントのひとつで、ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズには、この時ばかりは北半球が一つになって南半球の強豪に対決するという昔ながらの伝統があります。 イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの4つのラグビーのライバルたちが団結して比類の無い猛者を敵にプレイするのですから、このチームに選ばれ伝統ある大会で戦った名誉は生涯選手の胸に刻まれています。 ラグビーというスポーツの持つ全ての価値観を凝縮して見せてくれるこのイベントの真ん中にいられることを、ランドローバー社は誇りに思います。



ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズの大会開催中に掲出されたランドローバー・スポンサーシップのバナー


ローレンス・ダラーリオ

ラグビーワールドカップの勝者、元ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ代表、元イングランド代表主将のローレンス・ダラーリオは、ラグビーの最高峰で約20年間戦いました。 このパワフルなナンバーエイトほど現役時代に獲得した数多くの業績を誇れる人間はあまりなく、代表的なものだけでも8国内タイトル、2度のハイネケンカップ(ヨーロピアンカップ)優勝、4シックス・ネイションズタイトル、および3度のライオンズツアーがあります。 イングランド代表に選出された多さでは史上2人目というキャリアから引退したダラーリオは、2008年英国女王誕生記念叙勲で彼のスポーツでの功績を称えられOBEを受賞しました。 ランドローバーはローレンスの大会にかける情熱とコミットメントを共有できることを嬉しく思います。



ワールドカップ優勝者ローレンス・ダラーリオ レンジローバーの前で

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。