1959年に創設された英国のレイカル・デッカ(Racal Decca)RFCでは、あらゆる年齢や経験を持つプレーヤーが活躍しています。彼らの共通点はたったひとつ。「ラグビーへの情熱」です。


私たちは、この世界最小のクラブに国際舞台の雰囲気を味わってもらいたい、と強く思いました。そこで、ラグビー界のスーパースターたちに相談を持ちかけたのです。


レイカル・デッカの試合当日。
ラグビーワールドカップ2003で勝利を収めたジョニー・ウィルキンソンがキッキングティーをセットし、元オーストラリア代表のマット・ギトーがボールに空気を入れ、イングランド現役選手のマイク・ブラウンがウォーターボーイを担当。そして、ニュージーランドのブラッド・ソーンとアイルランドのシェーン・ホーガンは、ハーフタイムにオレンジを配る準備をし、イングランドの英雄クライブ・ウッドワードとウィル・グリーンウッドは、レイカル・デッカやライバルチームのストリーサム・クロイドン・サードの士気を鼓舞しました。時速50マイルの強風が吹き荒れるピッチで、レイカル・デッカはスター選手に見守られながら粘り強いパフォーマンスを発揮。見事32-15で勝利しました。


この試合はスター選手が思い出に浸る時間でもありました。ホーガン選手は地元のチームでプレーしていた時代を懐かしみ「(ローカル試合で)ラグビーを始めた頃の情熱を思い出しました」と語っています。「ラグビーはここで生まれ、ここで生き、ここでノーサイドとなるのです」


私たちは、2015年以降も変わらず、地域に根付いたラグビーを支援します。

世界最小のラグビークラブ

本日の試合は、プレーしたすべての選手たちと私にとって、ラグビーの神髄に触れた夢のように楽しく思い出に残るものでした。この2つのローカルチームは、私の中で特別な存在です。彼らのチカラになれた事は、本当に素晴らしい体験でした。

BRYAN HABANA ラグビー南アフリカ共和国代表

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。