新鮮なバッファローの肉にはかないません ランドローバー・エキスペリアンスから招待されたAndrew Brown(南アフリカ)。タンザニアのアルーシャ・セレンゲティ自然保護区(動物避難地域)でライオンと一緒に食事をしたエピソードについて。

弱肉強食の世界を見たいと思ったら、セレンゲティに行くといいでしょう。 圧倒的な数の動物が見られます。 ある日、ンゴロンゴロセンターのそばで、私たちは、白いテーブルクロスを敷き、ナプキンを使って昼食をとっていました。

湿地帯の向こう側に8頭のライオンがいて、2~3頭のバッファローがうかつにもその群れのそばを歩いていました。 過ちに気付いて逃げるバッファローたち。1頭が沼に逃げ込み、その後を6頭のライオンが追います。 私たちに向かってきたバッファローたち。私たちは車に飛び乗って様子を見ました。

ピクニック場に侵入してきた動物たち。しかし、少し経つと、ライオンは私たちのいる場所を過ぎ、歩いて戻っていきました。 私たちがおいしく食べていたステーキには興味が全くなかったようです。 新鮮なバッファローの肉にはかないません。

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。