私たちが放浪せずにいられない理由 人間の中には、より高くより遠くへ行くことを求めてやまない者がいると、ユーモアに富んだ旅行家のTim Mooreは言っています。

研究によると、人類の4人に1人が冒険遺伝子DRD4-7R(染色体11のドーパミン受容体変異)を持つと言われています。この遺伝子は、類まれな経験や興奮に満ちた体験をもたらしてくれます。

冒険遺伝子を持つ者の多くは、パイロットや起業家など、リスクやストレスがありながら、自らの思いを満たせる職業に引きつけられているようです。 安全な職業を選んだ者は、極寒の凍った滝を登ったり、高所から飛び降りたりして、休日を過ごしているのかもしれません。

周囲の人たちは無鉄砲だと感じ、ハラハラしているかもしれません。しかし、冒険遺伝子を持つ者から、我々はたくさんの恩恵を受けています。 彼らはしばしば人類の可能性を広げる先駆者となります。創造的なアートや画期的なテクノロジーを生み出すなど、新境地を切り拓く才能を発揮します。 人類の祖先は、危険を怖れない冒険心と好奇心により、誕生したアフリカの地を飛び出し、世界中に生きる場所を広げてきました。 既成概念にとらわれず、常識に風穴を開け、勇敢に未知の世界へ踏み出してきました。 また、探検は人間にとって能力を試される過酷なテストのようなものです。知性、革新性、柔軟性、行動力などがトータルに求められます。

英国の伝説的な探検家、アーネスト・シャクルトンに注目してみましょう。1915年、彼が率いる南極探検隊のエンデュアランス号は、氷の中で座礁し、安全なエリアから数千マイルも流されました。 生きるか死ぬかの状況で、彼は屋根もない貧弱な救命ボートを補強します。流木のデッキにアザラシの血を塗って耐久性を高めるなど、手に入るものだけで可能なかぎりの処置を施しました。 そして信じがたいことに、乗組員全員が無事に生還できたのです。

シャクルトンのような探検家のおかげで、人類は5万年の間に地球のほぼすべての表面を制覇しました。 ある意味で目的を達成したと言えるでしょう。

それでも、人類の冒険は決して終わることがありません。大気圏の外、宇宙がそのひとつです。そして、科学や芸術を始めとする知の探究。私たちの冒険心と好奇心は、とどまることを知りません。

冒険遺伝子を発見した教授のマーヴィン・ズッカーマンは、自らのゲノム配列を解析し、自分がDRD4-7Rを持つことに気づきました。 ズッカーマンは自分を冒険家だと思ったことはありませんでした。しかし、彼にインスピレーションを与え、未知の世界へと駆り立てたのは、DRD4-7Rによる抑えきれない探求への衝動だったのでしょう。

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。