最も力強く最もラグジュアリーなこのモデルは、すべてを精巧に、細心の注意を払って作り上げています。

JOHN EDWARDS スペシャルビークルオペレーションズ部門マネージングディレクター

エクステリア

ランドローバーのビスポークオーダー、ラグジュアリーエディション、ハイパフォーマンスモデルを専門に手がけるスペシャルビークルオペレーションズ(SVO)部門が設計・開発したSVAutobiography。 専用のフロントグリルから、ノール加飾を施したボンネット&リアのRange Roverスクリプト、テールゲートのSVAutobiographyバッジに至るまで、すべてに洗練と精巧な仕上げが貫かれています。 レンジローバーのフラッグシップに求められる、すべての要素が息づいています。

/

インテリア

SVAutobiography Long Wheelbaseの室内空間は、すべてが精巧で洗練され、ラグジュアリーの粋を極めています。 あなたが目にするもの、触れるものすべてに、完璧なクオリティを追求しました。 クーラーボックスや収納式テーブルを備えたリアセンターコンソールから、カーフサポートを装着した独自のシートに至るまで、すべてが贅沢で気品に満ちた雰囲気を醸し出します。 また、ストップ/スタートボタン、ドライブセレクトロータリーシフター、アームレストアジャスター、カップホルダーなどインテリアの各部は、特別なノール加飾で仕上げています。 キーフォブにもノール加飾が施され、専用のスクリプトが刻まれています。

/

主な特徴

ノール加飾のデザイン

ストップ/スタートボタン、ドライブセレクトロータリーシフター、アームレストアジャスター、フットペダル、キーフォブなど、インテリア各部に高級感あふれるノール加飾のデザインを施しています。 さらに、サテンブラッシュドカップホルダー、ノール加飾を施したソリッドメタルのコートフック、ソリッドメタルのシートレールなどを採用し、最上位モデルにふさわしい空間を作り上げています。

シート機能

究極の快適さを追求したリアエグゼクティブクラスシート。2つの独立したシートは、それぞれにシートメモリー、電動ヘッドレスト&リクライニング、リアセンターコンソールアームレスト、クッション調整、マッサージ機能などを搭載。 シートの間には優美なセンターコンソールが据え付けられ、各機能の操作制御端末やクーラーボックスを備えています。

リア収納式テーブル

美しい装備を網羅したリアキャビンでは、電動展開・収納式のリアテーブルもそのひとつです。 上質なエボニーレザー仕様を標準装備し、オプションでウッド仕様もお選びいただけます。 充電用のUSBソケットも備えており、いつでも便利にご利用いただけます。

MERIDIANシグネチャーリファレンスオーディオシステム

デュアルチャンネルサブウーファーを含む29個のスピーカーを車の最適な位置に配置した、1700Wの最上位システム。 Meridian独自のTrifieldテクノロジーを搭載しており、まるでコンサートホールにいるような臨場感あふれるサウンドを、すべての座席で堪能できます。

エンジン概要


エンジン 加速性能 0-100km/h (秒) 最高速度 (km/h) 最大トルク (Nm / kg・m) 燃料消費率 JC08モード
(国土交通省審査値・km/l)
 
CO2 排出量 (g/km)

V8 スーパーチャージド (550PS) オートマチック(4WD) 5.0リッター・スーパーチャージド・ガソリンエンジン(550PS) ストップ・スタート機能付カスタマイズする 

5.4 225/250** 680/69.4 (3,500rpm) 6.7 299

**22インチ・ホイールを装備したV8スーパーチャージドの最高速度は250km/h。すべての数値は、スタンダードホイールベース車両の数値です。

テクノロジー

レンジローバーは、すべての乗員の安全を守り、エンターテインメントやコネクティビティを高める、多彩な最新テクノロジーを導入しています。

オプション&アクセサリー

比類ない魅力を網羅したレンジローバーを、より個性的に仕立てるために。スタイリッシュで実用的、タフな能力や多用途性を高める純正アクセサリーを選んで、あなたの愛車を自分らしくパーソナライズしてください。

戻る

グレードを選ぶ

RANGE ROVER

グレードを選ぶ

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。