ケント・クール 11度のエベレスト登頂は、このエリート登山家が達成した快挙のひとつでしかありません。

Lorem ipsum dolor sit amet

Nam luctus nulla at accumsan interdum. Nam risus lacus, porttitor non dapibus ut, aliquet elementum enim. Nam interdum ultrices odio et ultrices. Praesent tortor libero, dapibus sit amet placerat id, ornare eu dolor. Nunc bibendum ipsum eget turpis pulvinar imperdiet. Maecenas gravida risus nec dolor pharetra faucibus. Maecenas ut neque eget est convallis porttitor at eu justo. Suspendisse pretium consectetur condimentum.

英国人登山家、アルピニスト、山岳ガイドのケントン・クールは、厳しい状況や困難な地形でトレーニングする際、移動手段としてランド・ローバー車を愛用しています。 

 雪山の前に立つケントン・クール

ノルウェーで行なったエベレスト登山の準備トレーニングの週、ブリザードになりそうな不安定な天候下でこの車が威力を発揮したそうですね。 「テレイン・レスポンス®の雪と砂利モードを使うと、山の端ギリギリまで近づける自信を持て、短い日照時間内でチームは登山する事ができます。 エベレスト征服の準備プランで、とても重要なことなのです。」

さらにケントンは付け加えるように、「チームのみんなが、誰がドライブするかで言い争ったことがあるんですよ。ヒーターで暖まったハンドルを持たせたことがあって。 アイスクライミングのクライマーは皆、“Hot Aches(ホットエイク)”になります。これは、極度に冷たくなった指を温めた際に起こる、焼けつくような激しい痛みです。ヒーターで暖まったハンドルを冷たい手で覆うように持った時は、まるで天国のようでした」と。

「それはさておいて、レンジローバーイヴォークのすごさの一つは何と言ってもパノラミックルーフです。初めて、オーロラを垣間見ることができましたよ。 私はオーロラを観た経験がなかったのですが、あんなスペクタクルな(光の)ショーを、世界中で一番いい席で観られたのですから。」

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。