クルマは仕事をするのに適した場所になり得ることが、最高の仕事環境に関する調査で明らかに

Lorem ipsum dolor sit amet

Nam luctus nulla at accumsan interdum. Nam risus lacus, porttitor non dapibus ut, aliquet elementum enim. Nam interdum ultrices odio et ultrices. Praesent tortor libero, dapibus sit amet placerat id, ornare eu dolor. Nunc bibendum ipsum eget turpis pulvinar imperdiet. Maecenas gravida risus nec dolor pharetra faucibus. Maecenas ut neque eget est convallis porttitor at eu justo. Suspendisse pretium consectetur condimentum.

ランドローバーとインスティテュート・オブ・ダイレクターズ(IoD)、そして組織心理学者のキャリー・クーパー氏の最近の調査で、エグゼクティブの5人に1人がクルマの中で最高のアイデアをひらめいた経験があることがわかりました。

クリエイティブなアイデアを生み出す最適な環境についてのこの調査は、世界中のCEO、重役、上級管理職900人以上を対象に実施。

その結果、84%のビジネスリーダーたちがクリエイティブな発想には環境が重要だと考えていることがわかりました。 彼らはクリエイティブな環境の必須条件として、快適な椅子、自然光、そして騒音が聞こえないことを挙げています。またストレスを感じることなく快適に過ごすことは、最高のアイデアを生み出すために欠かせない心理学的な条件としても認識されています。

調査に協力してくれたエグゼクティブの約10人に1人が、平日の25%以上をクルマの中で過ごすことを明かしてくれました。 クーパー氏は以下のようにコメントしています。「調査結果からわかったのは、クルマは心理学的にも物理的にもクリエイティブな発想のための条件を満たしているということ。 独創的なアイディアというのは、その問題について頭を使っていないときなど、まったく思いがけないタイミングで湧いてくることがあります」 

ランドローバーのチーフ・デザイン・オフィサーを務めるジェリー・マクガバンは、レンジローバーのインテリアをデザインする際に心掛けていることがあると話してくれました。 「レンジローバーのインテリアは我々のお客様のニーズを反映し、デザインしています。そこには秩序とビジュアル的な理論があるのです。心穏やかに落ち着けるインテリア設計が、レンジローバーならではの上質な雰囲気を生み出します。期待を裏切らない安心感ですね。 外の世界の慌ただしさや喧騒から離れ、腰の高さではクルマに包み込まれているような感覚が、そして自然光をたっぷりと取り入れる大きなパノラミックルーフによって世界とつながっている感覚が同時に味わえます」

レンジローバーに受け継がれるデザインの詳細はこちら

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。