ランドローバー、アメリカズカップでの英国チームの勝利を目指すサー・ベン・エインズリーへの支援を約束


ランドローバーはイノベーションパートナーとして、第36回アメリカズカップを目指すベン・エインズリー・レーシング(BAR)との契約継続を発表しました。

2年前のチーム結成以来、ランドローバーは、サー・ベン・エインズリーがスキッパーを務めるR1レースボートのバミューダでの設計開発にテクノロジーとエンジニアリング面で人員と知識を提供してきました。ランドローバーのエンジニアは、エアロダイナミクス、マシンラーニング、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)コントロールシステムなどの点でサポートします。これはまさに、自動車産業と海洋産業が手を結んで行う比類のない共同作業です。


この契約更新に関する発表は、プレイオフでエミレーツ・チーム・ニュージーランドと勇猛果敢な闘いを繰り広げた後に行われました。ランドローバーBARチームは、本大会において最も新参のチームであるにも関わらず大躍進しました。結果、チームはアメリカズカップワールドシリーズで優勝を果たし、クオリファイヤーズでは3位のポジションでした。


ランドローバーとのパートナーシップの更新は、2年間で培ってきた協力体制をさらに強化するためというばかりでなく、1851年以来、最も歴史ある国際スポーツのトロフィーを初めて英国にもたらすという目標もあります。


ランドローバーBARチームのスキッパー兼プリンシパルのサー・ベン・エインズリーは次のようにコメントしています。「私たちはカップを故郷に持ち帰るという目標を、再確認しました。ランドローバーとのパートナーシップを今後も継続できるということはチームにとって価値あることです。ランドローバーのエンジニアリングの知識と専門技術は、ボートの設計段階においてきわめて貴重なものでした。今後一緒に何を達成できるか、考えただけでわくわくします。第36回アメリカズカップへのチャレンジについて、早急に計画をまとめるつもりです。ランドローバーが引き続きパートナーになってくれて本当に感謝しています。」

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。