166年におよぶ屈辱の歴史に終止符を打つ、最新鋭のボートを発表。

ランドローバーBARは、セーリングの未来を変える革新的なボートを発表しました。 ジャガー・ランドローバーの最新テクノロジーを搭載したこのボートは、世界で最も歴史のあるスポーツトロフィーを獲得するために開発されました。

サッカーイングランド代表は、50年間ワールドカップの優勝から遠ざかっています。 かのフレッド・ペリーがウィンブルドン選手権を制し、次に英国人男子が優勝するまでに77年もの年月を要しました。 しかし、アメリカズカップにおいては英国に優勝経験はなく、なんと166年もの長きにわたって苦汁をなめ続けている現実があります。

今回BARは、ジャガー・ランドローバーのエンジニアリングを活かして最新鋭のヨット開発に着手。 エアロダイナミクス、セルフラーニング、人工知能、バーチャルエンジニアリングなどによって、製造までの期間が大幅に短縮されました。 ジャガー・ランドローバーは、自動車の研究、開発、エンジニアリングに英国で最も多くの資金を投じ、新製品開発とイノベーションを推進。ランドローバーBARとのパートナーシップによって、エンジニアは普段と異なる環境とプラットフォームでスキルを高め、新たな挑戦の機会も得ています。

ジャガー・ランドローバーでリサーチディレクターを務めるトニー・ハーパーは、次のようにコメントしています。「双方向のエンジニアリングと事業の未来を切り開くSTEM主体の教育プログラムは、スキルアップと新たな知識の吸収につながっています。結果として、BARチームの勝利にも貢献できるでしょう。 私たちは、ヨットの設計に際して業界初のエアロダイナミックテストを導入しました。そのパフォーマンスは、実際のレースでご覧にいれます。 車両を軽量化する技術と知識は、ダガーボードの構造設計にも役立っています。船底をサーフボード状にすることで、海上を飛ぶように進むフォイリングの安定性が高まりました」

すべての軽量ダガーボードは、新型ディスカバリーと同じ2,400kgの荷重に耐える必要があるため、その役割は非常に重要です。

設計の微調整とバミューダでの海上トレーニングのために、チームに残された時間は4カ月もありません。

アメリカズカップ獲得に向けた次の戦いは、2017年5月26日(金)にはじまります。

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。