COOKIE POLICY

ジャガー・ランドローバーは、ご利用のコンピューターに情報を保存し、当社ウェブサイトを改善する目的でCookieを使用します。当社では、本サイトの一部の動作に不可欠であるために予め設定されているCookieを1つ使用しています。お客様は本サイトからすべてのCookieを削除およびブロックすることができますが、その場合、本サイトは部分的に動作不可となります。当社が使用するCookieやその削除方法の詳細については、Cookie Policyをご参照ください。

ブラウザの更新

お使いのブラウザは最新バージョンではありません。Internet Explorerの最新バージョンをご利用いただくと、当サイトのコンテンツを快適にご覧いただけます。

世界最小のラグビークラブ

世界最小のラグビークラブ

世界最小のクラブを国際舞台へ

1959年に創設された英国のレイカル・デッカ(Racal Decca)RFCでは、あらゆる年齢や経験を持つプレーヤーが活躍しています。彼らの共通点はたったひとつ。「ラグビーへの情熱」です。


私たちは、この世界最小のクラブに国際舞台の雰囲気を味わってもらいたい、と強く思いました。そこで、ラグビー界のスーパースターたちに相談を持ちかけたのです。


レイカル・デッカの試合当日。
ラグビーワールドカップ2003で勝利を収めたジョニー・ウィルキンソンがキッキングティーをセットし、元オーストラリア代表のマット・ギトーがボールに空気を入れ、イングランド現役選手のマイク・ブラウンがウォーターボーイを担当。そして、ニュージーランドのブラッド・ソーンとアイルランドのシェーン・ホーガンは、ハーフタイムにオレンジを配る準備をし、イングランドの英雄クライブ・ウッドワードとウィル・グリーンウッドは、レイカル・デッカやライバルチームのストリーサム・クロイドン・サードの士気を鼓舞しました。時速50マイルの強風が吹き荒れるピッチで、レイカル・デッカはスター選手に見守られながら粘り強いパフォーマンスを発揮。見事32-15で勝利しました。


この試合はスター選手が思い出に浸る時間でもありました。ホーガン選手は地元のチームでプレーしていた時代を懐かしみ「(ローカル試合で)ラグビーを始めた頃の情熱を思い出しました」と語っています。「ラグビーはここで生まれ、ここで生き、ここでノーサイドとなるのです」


私たちは、2015年以降も変わらず、地域に根付いたラグビーを支援します。

n/a

世界最小のラグビークラブ

本日の試合は、プレーしたすべての選手たちと私にとって、ラグビーの神髄に触れた夢のように楽しく思い出に残るものでした。この2つのローカルチームは、私の中で特別な存在です。彼らのチカラになれた事は、本当に素晴らしい体験でした。

BRYAN HABANA

n/a

#WEDEALINREAL

2015年、史上最大規模のラグビーワールドカップが開催されました。 ラグビーというスポーツは、さまざまな地域で育まれ、草の根こそがその真髄であると、ランドローバーは知っています。 #WeDealInReal

n/a

ラグビーワールドカップ・トロフィーツアー

ラグビーワールドカップの優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」が、日本を始め世界15カ国を巡ったトロフィーツアー。ランドローバーはこのイベントに協賛して各国を巡るとともに、ラグビーワールドカップ2015仕様のディフェンダーを開発しました。

n/a

マスコットキッズ

ラグビーワールドカップ2015のワールドワイド・パートナーとして、ランドローバーは世界各地のファンから公式マスコットキッズを選出しました。