COOKIE POLICY

ジャガー・ランドローバーは、ご利用のコンピューターに情報を保存し、当社ウェブサイトを改善する目的でCookieを使用します。当社では、本サイトの一部の動作に不可欠であるために予め設定されているCookieを1つ使用しています。お客様は本サイトからすべてのCookieを削除およびブロックすることができますが、その場合、本サイトは部分的に動作不可となります。当社が使用するCookieやその削除方法の詳細については、Cookie Policyをご参照ください。

ブラウザの更新

お使いのブラウザは最新バージョンではありません。Internet Explorerの最新バージョンをご利用いただくと、当サイトのコンテンツを快適にご覧いただけます。

新鮮なバッファローの肉にはかないません

ランドローバー・エキスペリアンスから招待されたAndrew Brown(南アフリカ)。タンザニアのアルーシャ・セレンゲティ自然保護区(動物避難地域)でライオンと一緒に食事をしたエピソードについて。

弱肉強食の世界を見たいと思ったら、セレンゲティに行くといいでしょう。 圧倒的な数の動物が見られます。 ある日、ンゴロンゴロセンターのそばで、私たちは、白いテーブルクロスを敷き、ナプキンを使って昼食をとっていました。

タンザニアのディスカバリー

湿地帯の向こう側に8頭のライオンがいて、2~3頭のバッファローがうかつにもその群れのそばを歩いていました。 過ちに気付いて逃げるバッファローたち。1頭が沼に逃げ込み、その後を6頭のライオンが追います。 私たちに向かってきたバッファローたち。私たちは車に飛び乗って様子を見ました。

ピクニック場に侵入してきた動物たち。しかし、少し経つと、ライオンは私たちのいる場所を過ぎ、歩いて戻っていきました。 私たちがおいしく食べていたステーキには興味が全くなかったようです。 新鮮なバッファローの肉にはかないません。