COOKIE POLICY

ジャガー・ランドローバーは、ご利用のコンピューターに情報を保存し、当社ウェブサイトを改善する目的でCookieを使用します。当社では、本サイトの一部の動作に不可欠であるために予め設定されているCookieを1つ使用しています。お客様は本サイトからすべてのCookieを削除およびブロックすることができますが、その場合、本サイトは部分的に動作不可となります。当社が使用するCookieやその削除方法の詳細については、Cookie Policyをご参照ください。

ブラウザの更新

お使いのブラウザは最新バージョンではありません。Internet Explorerの最新バージョンをご利用いただくと、当サイトのコンテンツを快適にご覧いただけます。

廣瀬 俊朗

元プロ ラグビープレイヤー

ランドローバーのブランド・アンバサダー
廣瀬 俊朗氏 (元 プロ ラグビープレイヤー)

廣瀬俊朗氏は、2012年にラグビー日本代表のキャプテンに就任し、優れたキャプテンシーで常にチームを牽引してきました。2015年に開催されたラグビーワールドカップ イングランド大会では、日本代表チームの戦略を立てる上で重要な役割を果たし、選手の団結を促して、対南アフリカ戦の歴史的な勝利に貢献した、現在のラグビー日本代表チームの根幹をつくったひとりでもあります。また最近では、ラグビーワールドカップ2019TM日本大会のアンバサダーを務めているほか、ラグビーを題材としたドラマに俳優として出演するなど、活躍の場を広げています。

廣瀬俊朗氏の、自らに限界を設けず常に高みを目指して、チームやラグビーのために挑戦し続ける姿は、ランドローバーが掲げる"ABOVE & BEYOND"のブランド精神を体現していることから、今回の起用に至りました。

廣瀬俊朗氏は、同じくブランド・アンバサダーを務めるラグビープレイヤーのリーチ・マイケル選手や田村優(たむら ゆう)選手とともに、ランドローバーの魅力を伝え、今後様々なイベントやキャンペーンなどに携わっていく予定です。


廣瀬 俊朗 (ひろせ としあき)氏 について

1981年生まれ、大阪府吹田市出身。 5歳から吹田ラグビースクールでラグビーを始める。大阪府立北野高校、慶應義塾大学理工学部を経て、東芝ブレイブルーパスに入団。キャプテンとして日本一を達成した。また、日本代表としては28試合に出場。2012-2013の2年間はキャプテンを務めた。ワールドカップ2015TMイングランド大会では、メンバーとして南アフリカ戦の歴史的勝利に貢献。2016年に引退し、現在は、ラグビーワールドカップ2019TM日本大会のアンバサダーを務めており、(株)HiRAKU代表取締役としてスポーツ普及と教育に重点的に取り組んでいる。また、Scrum Unisonという国歌斉唱プロジェクトを推進中。