COOKIE POLICY

ジャガー・ランドローバーは、ご利用のコンピューターに情報を保存し、当社ウェブサイトを改善する目的でCookieを使用します。当社では、本サイトの一部の動作に不可欠であるために予め設定されているCookieを1つ使用しています。お客様は本サイトからすべてのCookieを削除およびブロックすることができますが、その場合、本サイトは部分的に動作不可となります。当社が使用するCookieやその削除方法の詳細については、Cookie Policyをご参照ください。

ブラウザの更新

お使いのブラウザは最新バージョンではありません。Internet Explorerの最新バージョンをご利用いただくと、当サイトのコンテンツを快適にご覧いただけます。

アクティブライフを丸抱え!​
冒険の頼れる相棒は
〈ランドローバー〉
ディスカバリー!

クルマ選びは「まずはSUVから」、なんてご時世。でも、クルマ選びの要点は“自分のライフスタイルに合っているかどうか”ってこと。最近じゃカタチだけのSUVも多いから、そこで選択を誤ると、“ただ流行に乗ってしまっただけ”ということになりかねない。で、もしアナタが週末は海へ山へと繰り出すような多彩な趣味をお持ちで、クルマにもそれなりの格や本物の性能を求めたいのなら、是非おすすめしたいSUVがある。それが〈ランドローバー〉ディスカバリーだ。

    • ディスカバリーを今おすすめするにはもちろんワケがある。それは、自然を遊び、楽しむライフスタイルが今まで以上にクローズアップされる中、これほどそんなライフスタイルにふさわしいSUVはなかなかないから。それに、実はランドローバー社のラインナップの中で“外国で最も人気がある”のがこのディスカバリー。

      かの“レンジローバー”と同じシャーシを採用し、それと肩を並べる高級感と性能を持ちながらも、7人シート設定や高い多用途性を実現したのが人気の秘密。「SUVが流行りだから」とか「最新モデルだから」と言う前に、圧倒的な実用性と高級感が世界中で認められている事実を知ると、それだけでもこのクルマのポテンシャルの高さがわかるというものだろう。では、実際にこのクルマの優れた部分はどこなのか? さっそく見ていこう。


      01.とにかくユーティリティの高さは群を抜く!

      朝一番にサーフィンしてその後はゴルフへ。あるいは釣りを楽しむ傍ら、家族や仲間とキャンプもしちゃう。そう、今どきのアクティブな大人にしてみれば、週替わりで多彩な趣味を楽しむなんて珍しくもないだろう。そんな各シーンで、“使い勝手のよさが実感できる”のがディスカバリー。大人がゆったりと寛げる7人乗りの室内空間を持つうえに、電動で格納できる2列め、3列めのリヤシートをフルフラットにすると広大な荷室空間が出現。これは大人2人が寝られるほどだから余裕たっぷり。

      そのほか荷物の形や量に応じて多彩なシートアレンジが大活躍。よくもまあ、多くのギアや荷物が効率よく積めるものだと感心してしまうレベルだ。これはやはり、アウトドアライフを研究し尽くした結果なのだろう。スキー板やサーフボードの長尺ものから、かさばる椅子や大型クーラーボックスまでなんでもござれ。しかも、そんなギアを積みこんだ姿が“サマになる”のもディスカバリーらしい特徴と言えるだろう。

波乗りの1ラウンドを終えた後は、ウェットを干しながらまったりタイム。海ではこんな使い方もサマになる

フリースクルーネック1万3000円(アーモンド/トライオン)、パーカ2万円(トゥモローランド)、カラーデニムパンツ2万9000円(マッキアジェイ/三崎商事)、サングラス3万4000円(モスコット/モスコット トウキョウ)、その他はスタイリスト私物

キャンプ用品一式を積むなんてのは朝飯前。エアサスのおかげで車高を低くすることができ、重い荷物の積み下ろしも楽にできる

2列めシートは中央のシートが倒れるから、釣り竿などの長尺ものもなんなく収納可能。リヤハッチを開けると座れるスペースも出現

カバーオール2万4500円(キャル オー ライン/ユナイト ナイン)、ベージュTシャツ8800円(オフショア/ザ センス)、ロングスリーブTシャツ5900円(オーシャン パシフィック/ハンドイントゥリー ショールーム)、デニムパンツ2万9000円(マッキアジェイ/三崎商事)、サングラス3万4000円(モスコット/モスコット トウキョウ)、その他はスタイリスト私物

かさばる代名詞のゴルフバッグも一体何個入ることやら。背が高いボディだから縦に置くなんて芸当も可能だ

チェックシャツ1万6000円(ペニーズ/セル ストア)、Tシャツ1万4000円(コロニー クロージング/バインド ピーアール)、デニムパンツ2万9000円(マッキアジェイ/三崎商事)、サングラス3万4000円(モスコット/モスコット トウキョウ)、その他はスタイリスト私物

サーフィン、キャンプ、釣り、ゴルフの道具を一気に積みこんでも、ご覧のとおりの余裕。後方視界を犠牲にすることもない

一段高くなって見晴らしいがいい3列めのシート。頭上や肘まわりにもゆとりがあり、大人がゆったりとできるのが嬉しい

2列めと3列めシートが電動で収納されるとフラットな空間が出現。朝イチサーフィン後の仮眠もこれなら楽々!

5人シートの場合でも荷室は1231ℓと広々。家族5人での旅行でも、ゆったりとした席を確保したうえで荷物が楽々積める

スキー板などの長尺ものを積むときに便利なのがこんなシートアレンジ。中央席だけが倒れる3分割可倒式はとっても便利

    • 02.長距離ドライブも疲れにくい優雅な乗り心地は格別!

      先代に比べて高級感と使い勝手が大幅に増した運転席まわり。大きなウインドウからの眺めもよくストレスとは無縁

      海や山に繰り出すにはやはりロングドライブがつきもの。その道中で疲れていては元も子もない。その点ディスカバリーは“疲れ知らず”と言いたいほど、長距離ドライブも運転者、同乗者ともに快適で楽ちんだ。そう感じるのは、ゆったり感がありつつもカラダをしっかりと支える上質なシート、見晴らしのよいコクピット周り、スムースで力強い余裕のエンジン、自慢のエアサスペンションなどのおかげ。2925mmもある長いホイールベースの恩恵もあるだろう。

      さらに安定した走りに貢献する“オールテレイン・プログレスコントロール”は、路面状況などに応じてエンジン、エアサスペンションなどを統合制御。たとえスキーに向かう雪道であろうが、渓流釣りへと向かう林道のごつごつした道であろうが、ドライバーが安全に走れる最適なモードを選択。ストレスのない上質な走りを提供してくれる。もちろん最新の安全装備もバッチリなので、遊び疲れた帰り道でも安心して帰れるのがこのクルマ。ということは、週末は遠出が多くなるのはやむを得ず。でも、そのぶん楽しい思い出がたくさん積み重なるばかり!?

長距離運転でも疲れないシートは腰回りもしっかりサポート。こちらも高級感が増し、シートヒーターなども備える

高速走行では車体が一番低い位置になり、快適で安定したクルージングにひと役買ってくれる

安定感のある走りは、ある意味グランドツーリングカー顔負けの快適さ。これなら遠出も苦にならないだろう

    • 03.中身は本格オフローダーだから走りがそのまま冒険に!

      5つの路面モードを選択できる“テレインレスポンス2”。海辺で選択したのはサボテンマークがついている“砂地”モード

      最高の波を求めてブッシュの間の細い砂道を分け入るとき、山の中腹にあるキャンプ場に上るとき、あるいは山間の秘湯に足を踏み入れるとき……。そんなとき乗っていたクルマでは「頼りない」と感じたことはないだろうか? そう、アクティブなシーンには、ときとして悪路が立ちはだかることもある。そんなときこそ走破性の高いディスカバリーが本領発揮。なにせディスカバリーは、世界屈指の四輪駆動車メーカーが作った本物のオフローダー。悪路でもビクともしないタフな骨格はいわずもがな。

      さらにセンターコンソールから“テレインレスポンス2”を設定し、オンロード、雪や草地、わだち、砂地、岩場の5モードの中から最適なモードを選択すると、路面状況に合わせてパワーとトルク、車高などを最適化。そこはとっても心強い。ちなみにディスカバリーは、渡河水深がなんと900mmと、ランドローバー社のラインナップの中では最高レベル。川を渡るなんてシーンはそうそうないだろうが、こんな高い性能が使えることを知ればアナタの野性に火がつくのは当然のこと。週末に好奇心と冒険心が沸き上がることは必至!?

細かく柔らかい砂が堆積した小山でもしっかりと大地を踏みしめるディスカバリー。普通のSUVではできない芸当だ

瞬時にトルク配分を変えて空転を回避。ハンドルを切ってもスタックすることなく前へとずんずん進んでくれる

    • 04.都会にも似合う洗練されたモダンさがある!

      後ろ姿からもスタイリッシュな印象が漂うディスカバリー。アンダーガードを見ると本格オフローダーであることが窺い知れるが、小さくすっきりとまとめたテールランプや流線形のフォルムが洗練さをアピール。都会の街をクルージングしたくなるデザインにキルトジャケット3万8000円(スリードッツ/スリードッツ青山店)、Tシャツ1万2000円(マッキアジェイ/三崎商事)、デニムパンツ4万5600円(R13/Safari Lounge)、サングラス3万9000円(ジュリアスタートオプティカル/プライベートアイズ&トラッカーズ)、スニーカー1万円(ヴァンズ ヴォルト/ブルーウッド バイ ハンドイントゥリーPR)

      本格オフローダーとして並々ならぬ性能を備えたディスカバリーだが、実はその洗練されたボディデザインもすこぶる評価が高い。これは5代目に進化した際に刷新されたスタイリングの賜物で、ひと言でいえばスタイリッシュ。贅沢なインテリアとも相まって、ラグジュアリーな雰囲気を纏う見た目になっている。

      こうなると、都会を楽しむシーンにもしっくりとくるもの。たとえば高級ホテルに家族でディナーに行くなんて際も、バレーパーキングでは堂々とした存在感でまわりを魅了。さらに、そのスタイリッシュでモダンなフォルムは、華やかな場をいっそう盛り上げる役目まで担ってくれそうだ。

      フロントから見ると、これが7人乗りのフルサイズSUVとは思えないほどスポーティ。武骨という印象はなく、オフローダーとはいえ街ではうっとりするような洗練フォルムが際立つ!

    • 05.7人乗りのディスカバリー スポーツもアクティブさでは負けてはいない!

      角を取り去ったような洗練されたデザインだから、都会で乗るシティSUVとしてもぴったり

      実はディスカバリーファミリーの一員として、ひとまわり小さいコンパクトSUV“ディスカバリー スポーツ”も展開されている。とはいえ侮ることなかれ。コチラも本格オフローダーとしての中身はピカイチ。7人シート設定のほか、テレインレスポンス2、オールテレイン・プログレスコントロール、さらには渡河水深600mmを誇るなど、オフローダーとしての性能面で決して引けを取ることはないのがポイントだ。プラットフォームは“レンジローバー イヴォーク”と一緒となり乗り心地も大幅に改善。こちらもディスカバリー同様、レンジローバーの血筋が脈々と受け継がれている。

      さらに2019年にマイナーチェンジした最新型では、安全・安心に役立つハイテク機能も装備。たとえばClear Sightインテリアリアビューミラーリヤミラーは車両後方のライブ映像をミラーに映し出す機能で、たとえリヤウインドウ越しの視界が不良でもバックの出庫なども安心。また、360°サラウンドカメラとClear Sightグランドビューで、ボンネット下の映像を表示。障害物に注意して安全に運転できる。日本の狭い路地や駐車場にも対応した便利な仕様となり、オンロード、オフロード問わず快適な走りが楽しめるのは嬉しい限り。スタイリッシュでコンパクトな見た目ながら、本格オフローダーとしての実力も十分。こちらもまた、週末のよき相棒になりそうだ。

渡河水深は600mmを誇る。その性能はディスカバリーに譲るが、それでもほかのSUVには望めないレベル!

後ろ姿もミニマルな印象でスタイリッシュ。このボディデザインで7人が乗れるなんて信じられる!?

悠然としたディスカバリーの運転席まわりと比べると、こちらはさすがにスポーティ!

ユーティリティの高さもディスカバリー譲り。さすがに3列めの余裕はディスカバリーには及ばないが、それでもこのクラスで7人乗りは貴重な存在



SAFARI ONLINE 転載記事​
写真=仲山宏樹 スタイリング=榎本匡寛(remix) ヘア&メイク=城生なみ子 
​ photo:Hiroki Nakayama(BOIL) styling:Masahiro Enomoto(remix) hair&make-up:Namiko Shiroo(+nine)