デザイン

/
/
/

パフォーマンス

/
/
/

テクノロジー

/
/
インフォテインメント

さまざまな情報とエンターテインメントを提供するTouch Pro Duoインフォテインメントシステム。直感的に操れる先進テクノロジーを搭載しており、より便利で快適なドライブをサポートします。

イノベーション

洗練された高効率のエンジンラインアップが、卓越したパフォーマンスを生み出します。 先進のガソリン&ディーゼルエンジンに加えて、かつてない革新的なパワートレインのプラグインハイブリッドEV(PHEV)も導入しました。

オンロード性能

卓越したグリップとステアリング性能を発揮するレンジローバー スポーツは、他に類を見ないダイナミックなSUV。 数々の先進テクノロジーにより、あらゆる路面とコンディションで爽快な走りを堪能できます。

オフロード性能

世界の基準となるレンジローバー スポーツのオフロード性能。あらゆる地形を乗り越えるオールテレインテクノロジーと高度な全輪駆動システムによって生み出されます。

ドライバーアシスト

街中での運転操作のアシストから乗員の安全性強化まで効果を発揮する、革新的なテクノロジーを標準装備またはオプションで取りそろえています。 そのすべてが利便性、操作性、快適性を高めるため、高度に考え抜かれています。

快適性&利便性

ドライバーとすべての乗員に高次元の快適性をもたらすレンジローバー スポーツ。 細部まで綿密に造りこまれたコンテンポラリーな空間には、サポート性を強化した新たなフロントシートを装備。オプションで極上のセミアニリンレザーシートもお選びいただけます。

多用途性

/
/
/

快適性&利便性

/
/
/

卓越した能力

/
/
/

サステナビリティ

効率性

レンジローバー スポーツのパワートレインは、インテリジェントストップ/スタートシステムをはじめとする低CO₂テクノロジーを採用しています。 このシステムは、停車時にエンジンを停止し、ブレーキから足を離すと再始動することで、燃費を5~7%向上。 またECOモードは、ソフトウェアを駆使してより効率的かつ経済的な走行を実現します。

アルミニウム構造

リサイクル素材も活用したレンジローバー スポーツのアルミニウムボディ構造は、軽量化、燃費とCO2排出量の低減、パフォーマンスの向上に貢献します。

ライフサイクルアプローチ

環境への企業責任を果たすため、ランドローバーは廃棄物の削減や天然資源の節約をはじめ、車の製造からライフサイクル全体にわたってサステナビリティを追求しています。 レンジローバー スポーツは、車両の85%がリサイクル可能、95%が回収可能となるように設計されています。 また、水やエネルギーの使用を抑えるとともに廃棄物や二酸化炭素の排出を低減することで効率性を高める、最新鋭の製造施設に積極的な投資を行っています。

安全装備

ISOFIX

リアシートのISOFIXポイントにより、チャイルドシートを簡単に装着できます。 また、チャイルドシートと車をしっかりと固定できるので、お子様の安全性が向上します。

エアバッグ

レンジローバー スポーツは、運転席と助手席に包括的なエアバッグシステムを装備するなど、衝突安全性を妥協なく高めています。

シートベルト

シートベルトプリテンショナーは、正面衝突の際に乗員の体が前方に動くのを抑え、保護性能を高めます。

LEDヘッドライト

あらゆる状況に対応して優れた視認性をもたらす、標準装備のLEDヘッドライト。 LEDライトは長寿命で、燃料消費の低減にも貢献します。

スポーツコマンドドライビングポジション

車との一体感をもたらし、自信に満ちたドライビングを可能にする、レンジローバー スポーツのコマンドドライビングポジション。 高い着座位置で前方を遠くまで見渡せるので、操作性や安全性の向上に貢献します。

エマージェンシーブレーキアシスト(EBA)

急ブレーキ時に充分な力が与えられない場合、その状況を認識して制動力を最大化するエマージェンシーブレーキアシスト。 ABSポンプでブレーキ圧を高め、緊急時にすばやく停止できるようにアシストします。

※本ページに掲載した画像と動画は、欧州仕様車です。オプション装備や日本未導入の装備・機能・オプションが表示されている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。