INCONTROLプロテクトのよくある質問



以下のカテゴリまたは質問を選択してください。

SOS緊急コール

グレードを選択

- Find out more about the SOS Emergency Call button in your Land Rover.

すべてを開くすべてを閉じる
  • InControl Protectとは?
    A: InControl プロテクトは以下の接続機能で構成されています。 

    SOS緊急コール: SOS緊急コールは、エアバッグが展開したり、車両の横転が検知されたりした場合に発信されます。 これらの事故が発生した場合、車両から緊急対応センターに自動的に通報がなされ、適切な緊急サービスが派遣されます。 手動のSOS緊急コールは、乗員がオーバーヘッドコンソールの右側にあるSOS緊急コールボタンを押した場合に開始されます。  

    ランドローバースマートロードサイドアシスタンス: 滅多にないことではありますが、車両が故障した場合には、車内のランドローバースマートロードサイドアシスタンスボタンを押してください。衛星測位で自動的にあなたの車両の場所を特定し、車両の状態に関する情報を送信して、遅延を最小限に抑えます。 オプティマイズドランドローバーアシスタンス通報は、リモートスマートフォンアプリ内から、または固定電話からランドローバーアシスタンスに電話して行うこともできます (ランドローバースマートロードサイドアシスタンスボタンを押して通報した場合のみ、車両のGPS位置がわかります)。 

    InControl リモートスマートフォンアプリ: 燃料レベルとレンジを離れた場所から確認することで、旅の準備ができるようにします。 混雑した駐車場で車両を見つけたり、ドアがロックされているか、窓が閉まっているかを確認できます。 また、走行記録をダウンロードして、出張時の走行距離分の費用請求に使うこともできます。
  • SOS緊急コールはどのように行いますか?
    A: 緊急サービスが必要な緊急時には、オーバーヘッドコンソールの右側にあるボタンカバーを押して開けてください。 緊急コールを開始するには、ボタンを2秒間押してください(ボタンを押すと、黄色く点滅します)。 緊急対応チームのメンバーの声が聞こえたら、通話が接続されています。 車両の位置情報は緊急対応チームに自動的に送信され、あなたがいる場所に適切な緊急サービスが派遣されます。 通話が完了すると、ボタンは赤色に戻ります。 使用後は、ボタンカバーを押し戻してください。

    ご注意: 衝突が検知されたり、車両のエアバッグが展開したりした場合、SOS緊急コールが自動的に発信されます。
  • 手動と自動のSOS緊急コールの違いは何ですか?
    A: 自動のSOS緊急コールは、エアバッグが展開したり、衝突が検知されたりした場合に発信されます。 これらの事故が発生した場合、車両から緊急対応センターに自動的に通報がなされ、車両のGPS位置が緊急サービスに送信されます。 

    手動のSOS緊急コールは、乗員がオーバーヘッドコンソールのSOS緊急コールボタンを押した場合に開始されます。
  • SOS緊急コールでは、コールを接続するのにドライバーの携帯電話を使いますか?
    A: いいえ。 SOS緊急コールでは車両に搭載された専用のSIMカードを使った独立したシステムを使用します。
  • どこでSOS緊急コールを使用できますか?
    A: SOS緊急コールサービスは、InControl Servicesに加入している国、および緊急呼出の電話番号112がサポートされている国で利用できます。 番号112を使用する国では音声通話のみがサポートされます。位置情報は緊急サービスに送信されません。
  • 車両が事故に巻き込まれ、携帯電話の電波が入らない場合、どうなりますか?
    A: 通話を接続しようと何度か試みますが、携帯電話の電波が圏外になっている場合、通報することができません。ボタンの黄色い点滅がとまり、赤色に変わります。
  • SOS緊急コールボタンを誤って押してしまった場合、どうなりますか?
    A: SOS緊急コールボタンを誤って押してしまった場合、通話は開始されます。 しかし、緊急対応チームに通話がつながったら担当者に緊急コールボタンを誤って押してしまったことを伝える必要があります。これを怠ると、不要な金銭的負担が発生する場合があります。

ランドローバースマートロードサイドアシスタンス

グレードを選択

- Find out more about using the Land Rover Optimised Assistance button.

すべてを開くすべてを閉じる

リモート エッセンシャル

グレードを選択

-

すべてを開くすべてを閉じる
  • 「走行記録」とは何ですか?
    A:「走行記録」機能を使うと、走行情報を記録、保存、およびエクスポートできます。 走行結果は、車両が1km(0.6マイル)を移動し、エンジンが停止した後に記録されます。 ルートをマップ上に表示し、距離、燃費、所要時間、平均速度などすべて確認できます。 走行情報は表示または削除でき、Excelにエクスポートして旅費清算に使用できます。 走行記録機能は、InControl リモートスマートフォンアプリおよびMy Land Rover InControlウェブサイトで利用できます。  

    InControlアカウントを作成する際に、走行記録の設定を選択するように求められます。 走行記録は完全にオフにできます。 走行記録を有効にした場合、InControl リモートスマートフォンアプリまたはMy Land Rover InControlウェブサイトから一部またはすべての走行記録を削除できます。
  • 走行記録機能を有効または無効にするにはどのようにすればよいですか?
    A: 走行記録機能はInControl リモートスマートフォンアプリおよびMy Land Rover InControlウェブサイトで有効または無効にできます。 

    機能のステータスを表示または変更するには、InControl リモートスマートフォンアプリまたはMy Land Rover InControlウェブサイトで「車両設定」に移動します。 走行記録を有効にする場合は走行記録トグルボタンをオンに切り替え、無効にする場合はオフにします。 PINを入力し、変更を保存するよう求められます。
  • 私のいる場所をリアルタイムで追跡できますか?
    A: SOS緊急コールやランドローバースマートロードサイドアシスタンスを行うか、コールが自動で動作しない限り、車両を能動的に追跡することはできません。そのような状況が発生した場合、車両の位置情報は自動的に緊急サービスおよび故障サービスに送信されます。 また、InControl セキュリティに加入し、車両が盗難にあったことが確認された場合、車両の位置が能動的に追跡されます。
  • どこでInControl リモートスマートフォンアプリをダウンロードできますか?
    A: Google PlayやApple Apps storeでLand Rover InControl リモートを検索して、InControl リモートスマートフォンアプリをダウンロードできます。 デモモードを使って実際に車両がなくてもアプリの主要機能を確認することもできます。
  • InControl リモートスマートフォンアプリに対応しているのは、どのモバイルデバイスですか?
    A: InControl リモートスマートフォンアプリは、Android v4.1以降搭載のAndroidデバイス(Samsung Galaxy S4やHTC ONE M8など)およびApple iOSバージョン6.0以降搭載のAppleデバイス(iPhone 4S以降)で動作します。
  • InControlサービスを使うことで、追加料金が発生しますか?
    A: ご契約後は、携帯電話の契約に従ってInControl リモートスマートフォンアプリ からのデータ使用および通話のみが課金されます。
  • 1つのアカウントで、2台のスマートフォンにInControl リモートスマートフォンアプリをダウンロードすることはできますか?
    A: はい、できます。 アプリは複数のスマートフォンにダウンロードすることが可能です。 ただし、InControl リモート アカウントユーザー名とパスワードは、両方のデバイスで同一となります。
  • InControl リモートスマートフォンアプリの主要機能は何ですか?
    A: InControl リモートスマートフォンアプリにより、燃料レベル、さらにアクティブになったときに特定のダッシュボード警告など重要な車両情報(タイヤ空気圧および燃料レベルなど)にアクセスできます。 リモートプレミアムに加入している場合、離れた場所から車両とやり取りすることもできます。

APPLE WATCH

グレードを選択

-

すべてを開くすべてを閉じる

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。