Lorem ipsum dolor sit amet

Nam luctus nulla at accumsan interdum. Nam risus lacus, porttitor non dapibus ut, aliquet elementum enim. Nam interdum ultrices odio et ultrices. Praesent tortor libero, dapibus sit amet placerat id, ornare eu dolor. Nunc bibendum ipsum eget turpis pulvinar imperdiet. Maecenas gravida risus nec dolor pharetra faucibus. Maecenas ut neque eget est convallis porttitor at eu justo. Suspendisse pretium consectetur condimentum.


1947年のこと。 ウェールズの砂浜で、一人の男が、ある車の形をスケッチしました。 その車がランドローバーです。 タフで勇敢、どんな地形でも乗り越え、世界中の人々の心を捉えながら、歴史を変え続ける車です。

数十年のイノベーションが、私たちをAbove and Beyond(さらなる高み)へ導いてきました。 私たちの原点をしっかりと把握し、未知の領域を切り拓いてきました。性能と安定性を独自に融合することで、ランドローバーの刻印を持つ車ならではの独自性を生み出しています。

私たちの伝統

地形がどんな状態であろうと絶対の自信を持って車づくりに励み、新しい世代の冒険者を導いてきました。

私たちの車づくり to 私たちのクルマづくり

技術的にも伝統的にも熟練した職人たちの仕事の舞台裏を紹介。丹念につくることに喜びを感じながら、ランドローバーに命を吹き込みます。

私たちのアドベンチャー

記録に残る遠征の様子を紹介。未知の土地を走るなら、それに応えられるのは、ランドローバーだけでしょう。

私たちの未来

未知の土地を旅することは、いつもエキサイティング。それは時を経ても変わりません。 地形図をつくるように明日のイノベーションにつなげていきます。

種の起源

Maurice Wilksは、ランドローバー初のイノベーターです。 彼の息子がその功績を振り返ります。

OUR HERITAGE

OUR HERITAGE

不可能とも思える旅

不可能とも思えるようなアドベンチャーに挑戦するランドローバー。 危険を顧みず、初めてロンドンからシンガポールまでオーバーランド・エクスペディション(陸上走破挑戦旅行)を行った1955年以来のことになります。

/

運転する有名人

有名人は一夜にしては生まれません。 細く長い道のりを進んでその地位を得ています。 ランドローバーに乗る超有名人の中には、それを実感している者もいます。 彼らの進む旅の一部になれたことを、私たちは誇りに思います…。

私たちのアドベンチャー

シルクのように強くしなやかに

大きな目標を抱いて、行動で証明。 人類史上最も壮大な道のひとつを、ランドローバー初となるディーゼルハイブリッド走行で進む遠征チーム。新型レンジローバーの進化を実感しました。 16,800kmを走破。

記事を読む
100万台目のアドベンチャー

これが、現地を出発したマシン。 生産ラインから生まれた100万台目のディスカバリーが、大陸を横断して北京へ向かいます…。

ビデオを観る
EMPTY QUARTERをフルスロットルで進む

世界最大級の砂漠に挑むレンジローバースポーツ。 量産直前のSUVを駆り、Empty Quarterを横断するスペイン人オフロードレーサーMoi Torrallardonaが、最速記録を樹立。その様子を動画で紹介します。

ビデオを観る
リモートコントロール

人を寄せ付けないアルバニア北部の山々を走行するディスカバリー。ここでは、「世界は狭い」という言葉を実感できません。 確かな心構え、経験、装備があれば、アドベンチャーは意外と身近に体験できるものです。

記事を読む

持続可能なビジネスには、
事業運営に対する責任がカギ

私たちには、将来の大きな目標があります。 私たちは、資源に限りある時代に事業運営していることも認識しています。 ですから、私たちに大きくかかわる資源を保全し、地域社会を育みながら、このような困難を乗り切るべくビジネスの進化をはかっています。

/

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。