ブラウザを更新してください

このブラウザは最新ではないため、サポートされません。このサイトの高度な機能を利用するには、ブラウザを更新する必要があります。

CLOSE LABEL

COOKIE POLICY

ジャガー・ランドローバーは、ご利用のコンピューターに情報を保存し、当社ウェブサイトを改善する目的でCookieを使用します。当社では、本サイトの一部の動作に不可欠であるために予め設定されているCookieを1つ使用しています。お客様は本サイトからすべてのCookieを削除およびブロックすることができますが、その場合、本サイトは部分的に動作不可となります。当社が使用するCookieやその削除方法の詳細については、Cookie Policyをご参照ください。

ブラウザの更新

お使いのブラウザは最新バージョンではありません。Internet Explorerの最新バージョンをご利用いただくと、当サイトのコンテンツを快適にご覧いただけます。

A girl is standing near Defender

【 DEFENDER x KARUIZAWA 】


アウトドアの活動を支える
タフなパートナー。

【 DEFENDER x KARUIZAWA 】

軽井沢での「ディフェンダーのある暮らし」を、定期的にお届けする企画。
第二回目はソルトレイク五輪のハーフパイプ代表、橋本通代さんにDEFENDER 90と共に過ごしてもらいました。

決めたことを貫くプロアスリート。

A girl with skateboard retro image
橋本通代さんは24歳の時にカナダ・ウィスラーでスノーボードを始め、3年目にプロ資格を取得、ナショナルチーム入り。6年目にハーフパイプ代表として出場したソルトレイク五輪でファイナリストとなる。その後、“スノーボードを通じてキラキラと輝く子どもを育てたい”という信念に豊富な経験を落とし込み、2003年より子どものスノーボード教室「KIRARA KAMP」を主宰。スノーボードの普及から強化までのすべてに取り組み、2018年の平昌五輪では5名の教え子が活躍を果たした。 
現在はベースである軽井沢にて森創りを通じて、環境問題解決のためのアクションを起こす事を目的とした「一般社団法人ライオンビレッヂ」を立ち上げ、軽井沢の自然を活かしたウェルネス事業の実現に向けて日々精力的に活動されている。
Group photo in the show
そんな橋本さんは、軽井沢周辺の2ヶ所のスキー場と岐阜県のスキー場でスノーボードのスクールを展開していることもあり、雪山から雪山への移動が多い。当然、朝晩の凍結路面や吹雪といった悪天候の中での移動も余儀なくされるため、クルマに対しての要望が高いと想像しがちだが、免許を取得したときはあまりクルマに興味がなく「合理性」や「利便性」という視点でクルマを選んでいたそう。その主なポイントは積載能力やコストなどが中心だったとのこと。
Trunk opened Defender inside skateboard

スノーボードも森作りも大きな道具が多い。開口部が広いラゲッジスペースは積み下ろしに助かる。 (撮影時のみ収納袋から出しています)

しかし、スノーボード教室「KIRARA KAMP」を主宰していくうえで、テーマである“スノーボードを通じてキラキラと輝く子どもを育てたい”を実現させるためには、自分のイメージを大切にすることを考え、クルマに対しても自分をよりかっこよく魅せるアクセサリーのような要素も求めるようになった。
Three image collage
スノーボードだけでなく、山に川に自転車、そして森での伐採と多岐にわたる活動のため濡れたグローブや工具などを気にせず入れられるエクステリアサイドマウントギアキャリアや最大積載荷重132kgのエクスペディションルーフラックがアウトドアの活動で重宝する。
Defender in the snow
山間部を走る機会の多い橋本さんにとって小回りの良さがクルマ選びの重要なポイントのひとつ。DEFENDER 90の最小回転半径はSUV車としてトップレベルの5.3m。「狭い山道における小回りの良さは移動時のストレスを軽減させてくれるためとても気に入った。」と笑顔でこたえてくれた。
A girl is sitting near the Defender
「DEFENDER 90に乗ってみて、タフな見た目と造りが好印象」スノーボードの留学先であるカナダのウィスラーで出会った海外選手は、スノーボードをし ていない時間は、スノーモービルをクルマで牽引して山奥で遊んでいたそうだ。そのようなタフな使い方をDEFENDER 90に乗ったときに感じたようだ。
「クルマの運転は好きだけど、極度の方向音痴のため緊張して運転してしまうのです。DEFENDER 90のどこにでも行けてしまうような安心感はとても頼もしい。さらに高いところからの視界が気持ち良く、大きさを感じることなくドライブを楽しめました。後部座席も座ると広く快適でした。」
Girl is sitting inside the Defender

普段は冬の朝はグローブをして運転をしているほど寒い軽井沢。 ステアリングヒーターの暖かさがとても気に入った様子だ。

世界を知っているプロスノーボーダーとしての活動に加え、ウェルネス事業の立ち上げとタフに活動している橋本さん。スノーボードを24歳からと決して早くない年齢からはじめて、わずか6年でオリンピック代表入りを果たす精神力と実力。
オフロードをどこまでも走れるDEFENDER 90の走破性。橋本さんとDEFENDER 90は最高のパートナーといえるのではないだろうか。
橋本 通代さん

大阪府寝屋川市出身・軽井沢在住 四天王寺国際仏教大学卒業

・ソルトレイク五輪スノーボードハーフパイプ日本代表 
・特定非営利活動法人CHILL理事 
・四万十市観光大使
・POW JAPANアンバサダー
・日本を代表とする子どもスノーボード教室「KIRARA KAMP」主宰
Group photo with skating jacket goggles Ice skating ground near the mountain

【撮影協力】

thanks:軽井沢プリンスホテルスキー場

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢

TEL: 0267-42-5588