製品に対する責任 私たちは、当社の製品の環境における負荷を低減するための新しい方法を継続的に開発しています

Lorem ipsum dolor sit amet

Nam luctus nulla at accumsan interdum. Nam risus lacus, porttitor non dapibus ut, aliquet elementum enim. Nam interdum ultrices odio et ultrices. Praesent tortor libero, dapibus sit amet placerat id, ornare eu dolor. Nunc bibendum ipsum eget turpis pulvinar imperdiet. Maecenas gravida risus nec dolor pharetra faucibus. Maecenas ut neque eget est convallis porttitor at eu justo. Suspendisse pretium consectetur condimentum.

環境への負荷の低減


当社の最も大きな環境への負荷は、製品によるものです。 明るいニュースは、これはまた、私たちが最も大きな改善を行うことができる分野だということです。

私たちが、当社の車両がそのライフサイクル全体を通して環境への負荷を低減させるような革新的なソリューションを実現するために研究、エンジニアリング、生産に多額の投資をしているのは、このためです。

ライフサイクルを考える

私たちが新車を設計するとき、一つの目的があります。それは以前のものよりも、さらに持続可能なものにするということです。 これを達成するために、車両の性能と機能を高める一方で、車両の総合的な環境への負荷を削減する方法を特定するため、そのデザインから寿命が尽きたときのことまで、車両のすべての側面を検証します。 私たちはこれを、ライフサイクル・アセスメント(LCA)と呼んでいます。 これは新世代の燃費のよい車両につながるアプローチです。 たとえば、最新のレンジローバーは軽量アルミニウム技術と組み合わされた3.0リットルV6エンジンを搭載しており、V8モデルと同様の性能を実現しています。

より持続可能な素材を使用する

設計プロセスに先立ってライフサイクル・アセスメントを使用することで、どの素材を選択することが車両のライフタイムにおいてその持続可能性を高めることができるかを把握することができます。 当然のことながら、私たちはレザー、天然ゴム、木材、コットンなどの持続可能なリソースから素材を選ぶことを目指しています。 私たちはまた、プラスチックに比べて軽量で車両部品のライフサイクルへの負荷を低減できるような新しいタイプの天然繊維の研究を行っています。




軽量化し、燃費を高める

車両ボディと部品の重量を軽減することで、お客様が期待する優れた性能を実現する一方で、自動車の燃費を向上させることができます。 当社の車両の多くが現在、その重量を大幅に軽減する画期的なオールアルミニウムボディを使って作られているのは、このためです。 私たちは、リサイクル素材の比率を高める、新しい軽量化されたアルミ合金を作成し、製造に95%少ないエネルギーを使用し、バージン材よりも少ない廃棄物を出しています。

燃費効率を追求したデザイン

一般的に、車両の一生におけるカーボンフットプリントの80%以上は、その使用に起因します。 したがって低燃費の車両をデザインすることは、環境への負荷を低減し、お客様に対してコスト削減を実現するための秘訣となります。 また、私たちは従来のパワートレインの効率を改善するだけでなく、ハイブリッド車や電動パワートレイン技術に投資を行い、燃料消費量とCO2排出量を7%低減することができるインテリジェント・ストップ/スタート技術を導入しています。

これらは、今、そして未来のお客様のニーズを満たす、より燃費の良い車両を作り出すことを実現させるためにとっているステップの一部に過ぎません。

Jaguar Land Rover Limited: Registered office: Abbey Road, Whitley, Coventry CV3 4LF. Registered in England No: 1672070


※燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には気象・道路・車両状態・運転・整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
※当ウェブサイトに掲載されている画像は欧州仕様車の画像となります。日本仕様車と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。日本仕様車は右ハンドルです。